Plus + Now

今、プラスになる。そんなブログ。

花やしきイルミネーション2016の開催期間と点灯時間は?料金はかかるの?【ルミヤシキ】

あの遊園地で有名な【浅草花やしき】が2016年からイルミネーションをはじめました!
という事で、気になる開催期間や点灯時間を調べました。
また料金は入場料だけで見られるのでしょうか?

スポンサーリ ンク

 

浅草花やしきのイルミネーション【ルミヤシキ】

f:id:blue2015:20161028200320p:plain
引用元:http://hanayashiki-event.com/lumiyashiki/gallery.html

あの浅草にある遊園地『浅草花やしき』イルミネーションが登場です。
なんと初めての試みだそうですよ。
今まで何回も花やしきに行ったことがある人も多いと思いますが、花やしきでイルミネーションを楽しめるとなるとまた行きたくなりますよね。

そしてこの花やしきのイルミネーションは『ルミヤシキ』と名付けられています。
イルミネーションのルミと花やしきのヤシキですねw
ある意味わかりやすいです。

そんなルミヤシキですが、さくら浪漫をテーマに遊園地のあらゆる場所が電飾で彩られています。
約50万球ものLEDライトが用いられており、さくらをイメージした淡いピンクの色合いで鮮やかな雰囲気になっています。

 

イルミネーションのスポットは4つのエリアで分かれており、その場所ごとに雰囲気が変わってきます。

ウェルカムエリア

花やしきの入口と出口付近が華やかに、そしてキラキラしています。
この場所は夜空に漂う桜の花びらをイメージされています。

ライブエリア

この場所には噴水があり、水と光が融合し幻想的なイルミネーションになっています。

ロマンティックエリア

ロマンティックという名の通り、カップルにピッタリの場所になっています。
ベンチにはハートの形のイルミネーションが施されているので、ベンチに座って愛を語り合えますよ。

ビューエリア

屋上ビューエリアも落ち着いた雰囲気のイルミネーションが!
屋上からみる浅草の風景は美しいですよ。

 

この4つのエリア以外にもアトラクションにもLEDライトが施されているので、花やしきのどこにいてもイルミネーションが楽しめます。
パンダカーもキラキラになっているので興味深いです。w
こんなに素敵な花やしき、かなりゆっくり楽しめそうです。

 

スポンサーリ ンク

 

 

開催期間や点灯時間は?花やしきの詳細も

では気になるのが、開催期間や点灯時間ですよね。

花やしきの詳細も含めてまとめたのでチェックしてみてください。

場  所浅草花やしき
住 所 東京都台東区浅草2-28-1
営業時間季節や天候によって異なります。
     こちらから確認してください。

<イルミネーション>
開催期間 2016年10月30日(日)~2017年3月30日(木)
点灯時間 18:30~21:00(最終入園20:30)

イルミネーションは10月末から始まります。
しかも3月までです!
かなり長い間楽しめることができますね。
ただ休園日や一部除外される日もあるので、行く前にはこちらをチェックすることをオススメします。

そしてこのイルミネーションは18:30~点灯という事で、花やしきの通常営業が終わってからになります。
この時期の18時半はかなり暗いので、より一層イルミネーションが楽しめますね。

料金はかかるの?

このルミヤシキを見るには花やしきの中に入らなければいけません。
という事は、必然的に花やしきの入場料がかかってきます。

まず発売されているチケットが入園+乗り物限定6機種乗り放題セットのチケット。

チケットの料金はこちら。

大人2.000円
小人(小学生)・シニア(65歳以上)1.500円
未就学児(2歳以上)1.000円

前売券はセブンチケットで、当日券は花やしきで購入することができますよ。

うーん、チケット料金は通常時よりちょっと高めの設定かもしれません。
ただ入場料だけでなく乗り物チケットもセットになっているので、夜の遊園地で遊ぶことができますね。

スポンサーリ ンク

 

 

まとめ

今年から始まった浅草花やしきのルミヤシキ。
約50個のLED電球という事で、かなり華やかな世界が広がっています。

もしルミヤシキに行く場合は、イルミネーションだけの目的で行くのではなく、夜の遊園地も一緒に楽しむ気持ちで行くべきですね。
料金のこともあるので…。

でもイルミネーションでキラキラしている中、夜の遊園地で遊べるなんて、かなり贅沢な時間が過ごせそうですね。

 

関連記事 


広告を非表示にする