Plus + Now

今、プラスになる。そんなブログ。

ドラマ『神の舌を持つ男』の感想、評判!トリックみたいと話題!木村文乃のキャラが個性的!

金曜ドラマ『神の舌を持つ男』が7月から始まりました!

以前、放送されていたトリックというドラマみたいと話題になっています。
そこで、『神の舌を持つ男』の感想、評判をまとめました。

 

スポンサーリ ンク

 

ドラマ『神の舌を持つ男』

f:id:blue2015:20160708234315j:plain
http://www.tbs.co.jp/ranmaru_tbs/


7月8日から金曜ドラマ『神の舌を持つ男』が始まりました。

主演は、向井理さん。
そして、木村文乃さん、佐藤二朗さんが出演されています。 

向井理さんが演じる朝永 蘭丸(ともなが らんまる)は、舌にのせたものをガスクロマトグラフィーばりに分析する能力“絶対舌感”を持つ男。

その特技を活かして、身の回りで起こった事件を解決していくミステリードラマ。

木村文乃さんも佐藤二朗さんもかなり個性的なキャラクターを演じています。
簡単に言うと、木村文乃さんがボケで、佐藤二朗さんがツッコミといった感じ。

なかなかのギャグテイストなドラマで、見応えのあるドラマです。

 

ちなみに主題歌が坂本冬美さんということでも話題になっています。

『神の舌を持つ男』感想、評判

では、このドラマの感想や評判はどんな感じなのかまとめてみました。

面白い派

 

スポンサーリ ンク

 

 

いまいち派

ドラマ『トリック』とにそっくり?

 

色々な感想や評判がありますが、なかなか面白かったです。
ギャグ要素がわりと強かったので、テンポよく見ることができました。

そしてこのドラマを見て、ほとんどの人が感じたのが『トリック』というドラマに雰囲気がそっくりだという事ですね。

トリックは堤幸彦監督が手がけたドラマで、仲間由紀恵さん、阿部寛さんが主演されていました。
独特な空気感とギャグがたくさん散りばめられていたドラマ『トリック』
このドラマ、めっちゃおもしろかったですよね!
私も大好きで全部見てました。
主演の2人の掛け合いが面白いんですよね。

だから、トリックを見ていた人にとっては、神の舌を持つ男のドラマも同じ匂いを感じたかと思います。
キャラクターみんなが個性的だし、ズラのネタがあったり、と懐かしさを感じました。

ただ、このノリが苦手な人にとっては、見るのが辛いかもしれませんね。
木村文乃さんのキャラがなかなか個性的なノリなので、結構ここがこのドラマの賛否の分かれ目かな?と個人的には思いました。

しかも、初回の犯人が片平なぎささんというサスペンスドラマでは斬新な展開を見せてもらいました。

 

スポンサーリ ンク

 

 

まとめ

新ドラマ『神の舌を持つ男』が始まりました。

感想、評価をまとめると、監督が堤幸彦氏なので、トリック要素が強い。
クセのあるドラマなので賛否両論がありますが、続きが気になるドラマになっています。

ゲストの方も豪華なので見所満載です!

 

◆関連記事◆ 


広告を非表示にする